絵本の持ちより会 「本のおと」

絵本を持ち寄って、みんなでお話を楽しむ会♪読み聞かせボランティアもします♪

『ブレーメンのおんがくたい』

老いて働けなくなったロバ、イヌ、ネコ、ニワトリ。

音楽隊に仲間入りするために、ブレーメンをめざしますが…

 

 

********************

結局、ブレーメンに行き着かない~!

 

ブレーメンにいかなくても、家があって、仲間がいる、ここが一番さ。

クリスマスイヴの夜、気の合う仲間と手にした幸せ。 

 

解釈はいろいろでしょうが、

私は、このおはなしのやけくそ感というか、やさぐれ感が、大好きです。 

動物が乗り重なるモチーフもかわいいですね。

発表会の演目としても人気があるので、小さなお子さんにも馴染みのあるグリム童話です。

 

「このおはなしは、今ききたて。話してくれた人の口からは湯気がたっています。」

という結びのことばも、冬らしくていいですね。

 

 

********************

 

ブレーメンのおんがくたい (世界傑作絵本シリーズ)

ブレーメンのおんがくたい (世界傑作絵本シリーズ)

スイスを代表する画家、ハンス・フィシャーが、長女のために描いた作品。踊るような曲線がかわいい!

'かみつきくん' 'あかあたまくん'などの味のある、瀬田訳で!

 

 

ブレーメンのおんがくたい (世界の名作絵本)

ブレーメンのおんがくたい (世界の名作絵本)

花子とアン」の村岡花子さんの洗練された文章。

素朴でやさしい絵は、小さな読み手にも親しみやすい。

 

 

ブレーメンのおんがくたい (ミキハウスの絵本)

ブレーメンのおんがくたい (ミキハウスの絵本)

リズミカルな文章に、迫力のある絵!

動物達のやさぐれ感は抜群!印象に残る一冊です。